がん検診の必要性

日本人の『 がん発症率 』も、年々高くなっているようですね。
食の欧米化・不規則な生活など、原因は人それぞれ。
そんな状況に伴って、がん検診・検査機器も発達してきているみたいね。
私も『 がん検診 』を1年に1回は受診しています。
若いから大丈夫は禁物です。
映画でも、『 余命数ケ月の花嫁 』というのがありました。
とても、悲しく思いますよね。
若い年齢に発症したガンほど、進行が早いようです。
でも、早期発見・早期治療をすれば完治する確立も高いとか・・・
女性であれば、乳がんというガンがあります。
乳がんで乳房除去という結果になっては悲しいですよ。
早期発見・早期治療をすることによって、ほんの数ミリの傷跡で済む場合も多々あるようです。
ですから、ガン検診の大切さを実感しています。
ガン検診は、いろいろと私達に知識を吸収させてくれます。
私などは、毎晩、触診という方法で自己検査をしています。
ちょっとでも、ガンかなぁ ??? と思ったら、乳腺外科・乳腺科などへ通って先生に診てもらうのが一番。
自己診断・判断しては絶対に駄目。
早期発見・早期治療を目指しましょう !!!